ソノソフト株式会社

社内に拡散している映像をアプリで統合する。映像制作会社必見のアプリ。アプリにすることでクライアント様の営業力がアップ。せっかく作った映像素材の活用が広がります。

AI副店長と人店長

スーパー向けAI副店長作ってみる。

 スーパーではスタッフの動きは毎日ほぼ同じになるのは必定です。でもそれは大切なことです。スピード優先だから。
そんな中でも店長となると少し行動が違ってくるのではないでしょうか。曜日、チラシ掲載の商品、チラシ配布からの日数、納品される商品、天候、向こう3日内の商圏内の行事、気温、在庫の状況などを総合的に判断して蔵出し、品揃え、POP、店内装飾を決めて、スタッフに指示をだしているはずです。これを、店長さんは意識しないで行っているわけです。そこでAI副店長の目標を定義するならば、つまり出来上がりを想定するならば、導出されたスタッフへの指示が店長よりも的確であること。になる。
 では人店長は不要かというのとそうではない。
 店長とはどこが違うのか。それは店舗の中で何気ない主婦の一言「暑いからスープはやめ」をAI副店長は理解できなさそうなのである。
店長ならなぜ?気温は昨日と一緒なのになぜ暑く感じている人がいるのか?その人だけなのか?と、なぜ?を連発するだろう。優秀な店長はそのなぜを積み上げ自分の知識に組み込んでいくことができるのである。
 疑問と思考は人間でしかやらないから。今のところ人店長は必要である。そしてAI副店長をうまく使って自分を磨きあげるのである。
 またAI副店長も店長の気転や経験を吸収してより的確な指示を出せることに頑張るかもしれない。(頑張るはないです)

Comments are currently closed.