ソノソフト株式会社

<クライアントファースト> それが私たちの課題解決への姿勢であり基準です。

PC+タブレットでエンタメのコンテンツ

PC+Tablet
企業で使用するような業務用のパソコンアプリを受注することはない。
おそらく、業務用というのは汎用性を出しやすく広くパッケージにできるからであろう。企業もそういうものを買ってくる方が圧倒的に安くすむのです。
というような理由かどうかわかりませんがパソコンアプリとなると展示場などで使用する、目的がとても限られているものになるわけです。 その中で提案したものが、パソコンアプリとタブレットアプリを融合させたアプリである。

顔認識
タブレットの中で着た宇宙服で大型ビジョンの宇宙に飛び出す。
といった演出です。大型ビジョンはタッチパネルなので遊泳している自分を自由に動かせます。
今回取り入れたのは顔認識です。グーグルのPicasaというパソコンソフトでは当たり前のようにパソコンの中にある写真の顔を認識して、人別のライブラリを自動的に作り上げてしまいます。同じようなことがタブレットの中に組み入れて子供たちがタブレットで自撮りしたものの顔だけとりだし宇宙服にかぶせている。
この技術はほかにも応用できそうです。

Windows7とタッチセンサーの怪
これはタッチセンサーを扱うアプリを作成される技術者へのヒントに情報です。
実はWindows7だけがもっているある設定によって、フリック左フリックをすると、おかしな状況になる場合があります。再現性は5割といったところでしょうか? プログラムによっては100%といったときもあります。原因がつかめずに苦労しました。開発環境はWindows8 テストマシンがWindows10 Windows8実はこれが問題で、パネルをチェンジしていきWindows7だけにでる現象であることを突き止めました。

Comments are currently closed.