エクセルマクロもIT化支援の対象になるのでは?

最近は特筆すべき開発課題がない。派遣業は人材不足で好況らしいですが。
私達のような請負業態ではなかなか大きな案件が入ってこない。
必然的に小規模だが難しい案件が大半を占める。

従来手作業で行っていた計算記録業務をエクセルでするようにした。
これもIT化のひとつの方法である。関数や、ピポットテーブル、VLOOKUP、などを駆使すると従来の手作業が本当にバカのように思えるようになる。

ところがこれも毎日、毎週、毎月となるとこれはこれで、もっと楽なことにならない?
ということになる。

そこで、これらのエクセルの作業を自動化することを是非目指してほしい。
たとえば、月次処理のために多くのシートをコピーしたり、普段とは違う関数を挿入したりするようになる。たしかに紙と鉛筆を使うことを思うと各段に速いことは事実なのだが、これも3回くらいすると飽きてくるし、間違ってしまう。

先日弊社でお受けさせてもらったのがまさに自動化の課題でした。
弊社の開発は、かなり高度なものから、エクセルで処理するようなものまで分け隔てはしない。
自動化のマクロはエクセルの動作をマクロに記録させて、それをロボットのように実行させる。という方法が考えられる。
ところがそれだと自動化はするが処理スピードとなるとそんなに変わるものではない。
弊社の開発がやるとそこが圧倒的に違うことになる。

これは弊社ならではの方法ではないかと思う。切った貼ったの1時間が3分前後になる。

エクセルマクロは恐るべし。

私の本音
先日知り合いがノートに定規で罫線を引いていた。横にはソロバンがあった。
昔はこんなことをしててもみんなお給料がもらえてた?
それを考えると今は関数では間に合わず、マクロで自動化し、さらにある方法でスピードを上げる。
これだけやっても給料は3倍にはならない。昔の方が悠長でかつ経済的に豊ではなかったか。
と思わざるを得ない。
コンピュータのない時代に戻ったらどうなんでしょうね。

リテールサポートツール

 リテールサポートはメーカや卸が小売店をサポートすることをいいます。小売店単独で販促やIT導入は難しいのですが、メーカーが束ねて共通の業務アプリやコンテンツを制作し、少しカスタマイズして配布するという方法もひとつかと思います。

 栄枯盛衰は残念ながらしかたがないのですが、私たちが製品として販売しているものはリテールサポートに活用していただけるものが多いことに気づきました。そこでこれらをリテールサポートツールとして今後も作り販売していきたいと考えております。

<Retail Support Tools>

  • ぴある:小売店向けの情報発信アプリを制作するサービス。セミオーダータイプ
  • いくら:ネット通販向けの価格調査サービス。
  • statis:小売店の教育現場で活用する動画まとめアプリ。
  • NICORI:小売店でも単独でスマホスタンプサービスが可能になります。
  • タッチ:アプリ不要の来店促進用ポイントキャンペーンツール
  • rose :卸。メーカー向け展示会ツール

などです。今後もリテールサポートというくくりでどんどん作っていきます。ご期待のほど。

EAP(従業員支援プログラム)の一つとして

疲労を測定する装置と専用アプリを販売しました。

疲労チェッカー『疲労博士』はAndroid iPhone iPad Android tablet のいずれかに対応しており無料でダウンロードできます。

お問い合わせ

ただし、疲労測定には『疲労博士』専用の装置(VM500)とアプリが必要です。
この装置は心拍、心電を計測し90秒ないしは120秒間計測しBlueToothでデータを送信します。

アプリは複数の人が共用できるようにIDとパスワードで管理されています。企業の従業員のEAPの一環として大いに活用してください。

計測結果を主に自律神経のバランスから疲労度合いとして判断します。精神的、肉体的なストレスなどが原因でバランスに乱れがあったりすると疲労していると評価されます。

問診などがあり、総合的にどうなのかということも評価し、結果は時系列に記録されていきます。

もし、疲労チェッカーで注意がでたら以下のことに気をつけてみてください。

  1. 昼夜逆転など生活習慣を見直し改める(徹夜はやめる)
  2. ストレスにまけないような精神的に強い人になる(何度ふられても次を見つける)
  3. 音楽を聴いたり歌ったり、心身をリラックスさせることをする(カラオケに行く)
  4. 座りっぱなしの職場なら散歩などで適度な運動をする(サボってでも散歩する)
  5. 横になって伸びでもして心身をリラックスさせる(猫を見習う)
  6. 考えなくてよい漫画などを読んでみる(できれば笑えるやつ)
  7. よくイライラするようならカルシウムを積極的にとる(毎日骨太を飲む)
  8. 有休があるなら意識して休息、休養する(ローカル線の旅をする)
  9. 精神的なストレスを抱え込まない。自分ひとりで悩まない(人に頼る)
  10. 気持ちをひとやすみ。リラックスした生活を心がける(つっこみをやめてボケに徹する)

ASPの新サービス開始の予定

見積書の作成から請求書の印刷まで、
業務にご利用いただけるアプリケーションをサービスします。
見積書や請求書といったものはエクセルよりもACCESSなどのデータベース系の方がより便利に使えるものです。
たとえばお客様や、案件名による検索機能などはデータベース系のアプリケーションの方が有効です。ところがエクセルでやるとわかり易いが面倒なことも多いのです。つい上書きして保存してしまって前の書類を消去したり、シートがとても多くなったりします。
本サービスは初期設定で、ロゴ、住所、社名などをアップロードするとお見積書にセットして使用できるようになります。
申し込んでいただければ、企業ID、利用者ID、利用者パスワードを発行します。
営業員の数だけ利用者登録をしてください。
まずはベーシックサービスでご利用ください。
そのご、それをベースにカスタマイズリクエストをご用命ください。
カスタマイズされた御社の見積書作成システムが稼働できます。

御社の中のシステム部門

システム開発部門はあれば便利がいいが常設するほどじゃない。
コストセンターだし、それ単独で利益を生むことがない。

でも、あれば便利。
この部門はあればとても重宝するものです。
でも常備するほどでもない。
もしあれば、こんなことを彼らに聞いてみたいと思ったことありませんか?

1、「パソコンは使ってるけどとても面倒。もっといい方法ないの?」
もしあれば、ほんの少し手間を加えるだけで、ぐんと効率のあがるものがあります。マクロでやったり。ExcelよりAccessの方が圧倒的に効率がいい場合があります。

2、「ここにスマホ使ったらもっと作業が楽になるんじゃないの?考えてみてよ」
もしあれば、実はパソコン自体を社内向けのWEBサーバーにできる。そうするとスマホがもっと業務に活用できたりします。

3、「今のシステムを少し変更したいけどどのくらいかかると思う?簡単にできないの?」
もしあれば、開発という言葉を使うのもおこがましいくらいに小さな改善を頼めたりします。

4、「スマホの活用のことで今朝テレビで見たけど、うちでもできる?」
もしあれば、ちょっとした、話題の評価や自社への適用などについて話ができたりします。

ほかにも、もしあれば、
開発会社にも専門分野があるので最適な開発会社を選択してもらえる。
日頃に課題を知っておいてくれるので、いざという時に説明が楽。
目的、目標を共有しているので、行動が的確。
などということになります。

一家に一台、そんな便利なものになるわけです。
そんなものがあれば御社にとって都合のいいものになりませんか?

弊社にとってもそんな埋もれた課題を発見できるというのは商品開発のヒントになります。うまくいけば製品開発の時には業務提携をさせていただけることも可能になるわけです。

お互いのWINに向けて、御社のシステム開発部としてご利用ください。

いくらの資料請求が増えています。

マーケティングの3P(Price)
ECサイト価格調査の決定版。【いくらちゃん】の問い合わせが増加

最近、「いくら」の資料請求が多いのです。理由はわかりません。考えられるのは、

  1. 売れているので値上げしたいが売れなくなるのでは?
  2. 売れなくて困っている価格を下げる必要があるか忙しさと利益のバランスが取れないのでは?

のどちらですが、どちらにしても販売している商品が価格的にどの位置にいて、どの位置が一番利益最大になるかが関心事です。

OR
最近では死語になったことばにORというのがあります。
ARの親戚のようなもの?
ではありません。Operations Researchといいます。
もとは軍事的な戦略計画に使用されたようです。最大効率を求める手法を集めて体系化さたアメリカならではの研究です。

数量化
マーケティングの展開には数量化は重要です。アンケートもそうです。どう分析するかでそのアンケートの方法も項目も質問の仕方も変わってきます。ORは数学的なマーケティング手法であると受け取っています。
その中には問題解決のための様々な方法を提示してくれています。
ひょっとしたら、ECショップにおける利益最大化のための価格決定ができる方法などもあるかもしれません。

モンテカルロ法
この中には原理が明快でで私のようなバカでもわかるような方法もあります。
いつ来るか、何人くるかわからない。そんなときに窓口はいくつあればお客さまに不満を与えずにすむか。
というような不確定な条件下での決定問題にORの一つとしてあります。
モンテカルロシミュレーションともいいます。
是非一度読んでみてください。数学的だけどとてもアナログ的でわかり易いのです。
それでいて、なるほど。ってうなづけます。

結果はどうあれ、応用もしやすいので使ってみたいと思ってしまいますよ。きっと。

メモローゼ 応用オムニチャンネル

接点の多さ
小売店にとってお店が唯一お客様と接点が持てる場所である。接点というものがチャネルというならばオムニ戦略は接点のチャネルを増やすということに他ならないと考えます。そうすると、店舗以外に持てる方法はネット、カタログ、チラシなどの媒体を増やすという方向になります。オムニはその接点どうしを有機的に結びます。
小売店だからECサイトを持たない。という考え方ではなく、積極的にECへの誘導も増やしていく。最終的にはお店で選択したものをECサイトで買ってもらう。という接点どうしのつながりを構築していきます。

メモローゼ
メモローゼというサービスがあります。
お店で見て、ネットで購入という消費者の行動を、ECサイトを作らずに実現します。普通は店舗で商品を見て、ネットでさらに安いところを探して注文するというのが本来の消費者行動だと思います。
しかし、できるだけお店にくぎづけさせる方法をネットを使って実現しようと考えたものです。

メモローゼは展示会の展示品を来場者さまのマイページに保存するというものです。

これを家具屋さんのオムニチャンネル化に転用してもらおうと考えました。
しくみは簡単です。
お店にある商品のPOPにその商品IDを仕込んだNFCチップを貼り付けます。

これだけで、お客様は気になる商品のPOPにスキャンするとどんどん商品がマイページにアップされます。あとでその店舗をみると自分だけのお気に入り商品リストが出来上がっているという仕組みです。
そこには問い合わせ、資料請求、カート購入などのボタンがついているというものです。

アプリが最適ですが、アプリを入れなくても一度目のスキャンでサイトにつなげ登録してもらいます。
あとはどんな商品でも自動的にサイトにアップされるという仕組みにすればいいかと思います。

どうでしょうか?

展示会 展示物の説明のトリガーに使えそうなもの

LEB
(low Energy Bluetooth)最近では屋内測位の方法として取り上げられたり、apple社のiBeaconとして認知されています。発信機の近くにきたら反応しますので、販促には向いているかもしれません。
弊社もそれを応用した展示物の説明用アプリを制作した実績があります。
 こいつの面白いのは反応範囲を変化させることができる(5m~50mくらい)ということです。店内に入ってその商品近くまで誘導させるということが可能です。特別な場所で何かをするというときに便利です。

NFC
(Near Field Communication)スマホをかざして反応させられますので、ピンポントで説明するための方法としては、NFCは大変有効な方法ではないかと考えられます。
残念ながらIOSにはNFCが搭載されておらず、したがってQRコードとNFCとの併用というのが実際的で具体性があるのではないでしょうか?
日本ではFERICAが有名で、世界仕様としてはMIFAREという規格があります。電波、メモリーサイズなど様々な種類があるので選択には注意が必要です。
ICカードに使われていますが、ピップエレキ絆のようなものもありますので、販促用としても利用価値は高いと考えます。

QRコード
展示物説明用のコンテンツのトリガーとしてお客様からはQRコードというのが要件だったのですが、これは来館者にとって極めてハードルが高いものだといわざるをえません。
QRコードのアプリを開いてスキャンするという行為が館内でしていただけるかということです。IOSのことを考えるとやむを得ないのですが、やはり併用がいいと思います。

以上QRコード、NFC、LEB といった技術の長短をうまく考慮し展示説明補完方法を選択すべきと思われます。ほかにもいろいろ方法があるかと思います

是非、ひとつの方法にこだわらず、広く情報を収集したうえで決定されることを希望します。