エクセルマクロもIT化支援の対象になるのでは?

最近は特筆すべき開発課題がない。派遣業は人材不足で好況らしいですが。
私達のような請負業態ではなかなか大きな案件が入ってこない。
必然的に小規模だが難しい案件が大半を占める。

従来手作業で行っていた計算記録業務をエクセルでするようにした。
これもIT化のひとつの方法である。関数や、ピポットテーブル、VLOOKUP、などを駆使すると従来の手作業が本当にバカのように思えるようになる。

ところがこれも毎日、毎週、毎月となるとこれはこれで、もっと楽なことにならない?
ということになる。

そこで、これらのエクセルの作業を自動化することを是非目指してほしい。
たとえば、月次処理のために多くのシートをコピーしたり、普段とは違う関数を挿入したりするようになる。たしかに紙と鉛筆を使うことを思うと各段に速いことは事実なのだが、これも3回くらいすると飽きてくるし、間違ってしまう。

先日弊社でお受けさせてもらったのがまさに自動化の課題でした。
弊社の開発は、かなり高度なものから、エクセルで処理するようなものまで分け隔てはしない。
自動化のマクロはエクセルの動作をマクロに記録させて、それをロボットのように実行させる。という方法が考えられる。
ところがそれだと自動化はするが処理スピードとなるとそんなに変わるものではない。
弊社の開発がやるとそこが圧倒的に違うことになる。

これは弊社ならではの方法ではないかと思う。切った貼ったの1時間が3分前後になる。

エクセルマクロは恐るべし。

私の本音
先日知り合いがノートに定規で罫線を引いていた。横にはソロバンがあった。
昔はこんなことをしててもみんなお給料がもらえてた?
それを考えると今は関数では間に合わず、マクロで自動化し、さらにある方法でスピードを上げる。
これだけやっても給料は3倍にはならない。昔の方が悠長でかつ経済的に豊ではなかったか。
と思わざるを得ない。
コンピュータのない時代に戻ったらどうなんでしょうね。

御社の中のシステム部門

システム開発部門はあれば便利がいいが常設するほどじゃない。
コストセンターだし、それ単独で利益を生むことがない。

でも、あれば便利。
この部門はあればとても重宝するものです。
でも常備するほどでもない。
もしあれば、こんなことを彼らに聞いてみたいと思ったことありませんか?

1、「パソコンは使ってるけどとても面倒。もっといい方法ないの?」
もしあれば、ほんの少し手間を加えるだけで、ぐんと効率のあがるものがあります。マクロでやったり。ExcelよりAccessの方が圧倒的に効率がいい場合があります。

2、「ここにスマホ使ったらもっと作業が楽になるんじゃないの?考えてみてよ」
もしあれば、実はパソコン自体を社内向けのWEBサーバーにできる。そうするとスマホがもっと業務に活用できたりします。

3、「今のシステムを少し変更したいけどどのくらいかかると思う?簡単にできないの?」
もしあれば、開発という言葉を使うのもおこがましいくらいに小さな改善を頼めたりします。

4、「スマホの活用のことで今朝テレビで見たけど、うちでもできる?」
もしあれば、ちょっとした、話題の評価や自社への適用などについて話ができたりします。

ほかにも、もしあれば、
開発会社にも専門分野があるので最適な開発会社を選択してもらえる。
日頃に課題を知っておいてくれるので、いざという時に説明が楽。
目的、目標を共有しているので、行動が的確。
などということになります。

一家に一台、そんな便利なものになるわけです。
そんなものがあれば御社にとって都合のいいものになりませんか?

弊社にとってもそんな埋もれた課題を発見できるというのは商品開発のヒントになります。うまくいけば製品開発の時には業務提携をさせていただけることも可能になるわけです。

お互いのWINに向けて、御社のシステム開発部としてご利用ください。