エクセルマクロもIT化支援の対象になるのでは?

最近は特筆すべき開発課題がない。派遣業は人材不足で好況らしいですが。
私達のような請負業態ではなかなか大きな案件が入ってこない。
必然的に小規模だが難しい案件が大半を占める。

従来手作業で行っていた計算記録業務をエクセルでするようにした。
これもIT化のひとつの方法である。関数や、ピポットテーブル、VLOOKUP、などを駆使すると従来の手作業が本当にバカのように思えるようになる。

ところがこれも毎日、毎週、毎月となるとこれはこれで、もっと楽なことにならない?
ということになる。

そこで、これらのエクセルの作業を自動化することを是非目指してほしい。
たとえば、月次処理のために多くのシートをコピーしたり、普段とは違う関数を挿入したりするようになる。たしかに紙と鉛筆を使うことを思うと各段に速いことは事実なのだが、これも3回くらいすると飽きてくるし、間違ってしまう。

先日弊社でお受けさせてもらったのがまさに自動化の課題でした。
弊社の開発は、かなり高度なものから、エクセルで処理するようなものまで分け隔てはしない。
自動化のマクロはエクセルの動作をマクロに記録させて、それをロボットのように実行させる。という方法が考えられる。
ところがそれだと自動化はするが処理スピードとなるとそんなに変わるものではない。
弊社の開発がやるとそこが圧倒的に違うことになる。

これは弊社ならではの方法ではないかと思う。切った貼ったの1時間が3分前後になる。

エクセルマクロは恐るべし。

私の本音
先日知り合いがノートに定規で罫線を引いていた。横にはソロバンがあった。
昔はこんなことをしててもみんなお給料がもらえてた?
それを考えると今は関数では間に合わず、マクロで自動化し、さらにある方法でスピードを上げる。
これだけやっても給料は3倍にはならない。昔の方が悠長でかつ経済的に豊ではなかったか。
と思わざるを得ない。
コンピュータのない時代に戻ったらどうなんでしょうね。

センサ/IoT技術展2017に行きました。

同時併催のアマゾンセミナーがあったのですが、amazon web serviceで近未来な提案が効けるかと思いきや、応募者が多すぎで第2会場の同時中継を立ち見ということになった。
しかし、残念ながら音声が入らずパワーポイントの画像のみのセミナーとなってしまいました。
途中で打ち切られてそのまま技術展の方に流れたのか、とにかく大勢の人でゆっくりと見るような状況ではありませんでした。
やはり、今はセンサー技術がIoTの牽引役になっていることが間違いないと思い知らされた展示会でした。
ガス検知、拍動検知、温度センサー、風センサー、どれもこれも小型化、高感度化が進んでいる。何に応用すべきなのか、そこがカギになることは間違いないが、困ったときはセンサー屋さんに相談してみることも重要かもしれません。

【AWSについて、その時に流れていたPPTの画像をダウンロード】
そこにはアマゾンがやろうとしているIOTのソリューションが書かれており、大変参考になると思われます。発表している限りすでにやろうとではなく実証実験程度はやっているのではないでしょうか?
分野は、製造、交通、エネルギー、小売り、家電、ヘルスケア、農業にわたっている。たしかにこれらにはIoTを用いてどんなことができるのかということもワードではあるが書かれている。たとえば製造ではメンテナンス、異常検知、モニタリングとなっている。これらはすべて展示会における出展者側にもその提案がありました。
つまり、全てのセンサーと処理がクラウドによって監視コントロールされてしまうということではないでしょうか? いや、全てということばが間違いです。
管理でくる体制を整えることができますよ。というのがAWSの主張なのでしょう。