AI副店長と人店長

スーパー向けAI副店長をイメージしてみました。

google home mini

 世の中AIの進歩が凄い!そこでスーパーの店長の補佐となるAI副店長の機能を考えてみました。

 スーパーではスタッフの動きは毎日ほぼ同じになるのは必定です。でもそれは大切なことです。スピード優先だから。
 そんな中でも店長となると少し行動が違ってくるのではないでしょうか。
 これは想像ですが、店長は曜日、チラシ掲載の商品、チラシ配布からの日数、納品される商品、天候、向こう3日内の商圏内の行事、気温、在庫の状況などを総合的に判断して蔵出し、品揃え、POP、店内装飾を売り場ごとに、スタッフに指示をだしているはずです。店長さんはこれらの情報を意識しないで行っているわけです。でも人間ですから思ったよりも在庫がなかったり、注文を失敗していたりするわけです。私は寛容なのでそれは仕方のないことだと思っています。人間だから。

 そこでAI副店長の登場です。彼の機能(知能的目標)をひとことでいうならば、つまり出来上がりの水準を決めるならば、彼が導出したスタッフへの指示が人店長よりも的確であること。になるのではないでしょうか。

 では人店長は不要かというとそうではない。店長とはどこが違うのか。それは店舗の中で何気ない主婦の一言「暑いからスープはやめよかな?」を拾い出せるかどうかではないでしょうか?人店長はその一言の意味するところ考えAI副店長が出した結論に少し修正を入れることができるのです。人店長はきっと、なぜ気温は昨日と一緒なのになぜ暑く感じているのか?その人だけなのか?その人の服装は? と、なぜ?を連発するだろう。人店長はそのなぜを積み上げ自分の知識に組み込んでいくことができるのである。そして次には副店長に「今日はお店でこんな声があったよ」と情報を補強してあげられます。

 (そんな教えるという行為を知識として蓄えるといったことはまだ今のAIではできないと思います。)

 疑問と好奇心は生物の特質だと思っています。だから人店長は絶対に必要である。これでAI副店長を教育(情報の種類と活用をふやし)し副店長も自分も磨きあげるのである。
 こうしてAI副店長も店長の気転や経験を吸収してより的確な指示を出せることに頑張るかもしれない。(頑張るはないです)

映像統合アプリスターチスに新機能

映像統合アプリスターチにこのほどパワーポイントのファイルを開くオプションが追加されました。
これでスターチスでサポートしている機能は

  1. 映像の再生
  2. 静止画のスライドショー
  3. WEBへのリンク
  4. パワーポイントファイルのオープン

ということになります。
営業現場がさらに強化されることになります。

リテールサポートツール

 リテールサポートはメーカや卸が小売店をサポートすることをいいます。小売店単独で販促やIT導入は難しいのですが、メーカーが束ねて共通の業務アプリやコンテンツを制作し、少しカスタマイズして配布するという方法もひとつかと思います。

 栄枯盛衰は残念ながらしかたがないのですが、私たちが製品として販売しているものはリテールサポートに活用していただけるものが多いことに気づきました。そこでこれらをリテールサポートツールとして今後も作り販売していきたいと考えております。

<Retail Support Tools>

  • ぴある:小売店向けの情報発信アプリを制作するサービス。セミオーダータイプ
  • いくら:ネット通販向けの価格調査サービス。
  • statis:小売店の教育現場で活用する動画まとめアプリ。
  • NICORI:小売店でも単独でスマホスタンプサービスが可能になります。
  • タッチ:アプリ不要の来店促進用ポイントキャンペーンツール
  • rose :卸。メーカー向け展示会ツール

などです。今後もリテールサポートというくくりでどんどん作っていきます。ご期待のほど。

EAP(従業員支援プログラム)の一つとして

疲労を測定する装置と専用アプリを販売しました。

疲労チェッカー『疲労博士』はAndroid iPhone iPad Android tablet のいずれかに対応しており無料でダウンロードできます。

お問い合わせ

ただし、疲労測定には『疲労博士』専用の装置(VM500)とアプリが必要です。
この装置は心拍、心電を計測し90秒ないしは120秒間計測しBlueToothでデータを送信します。

アプリは複数の人が共用できるようにIDとパスワードで管理されています。企業の従業員のEAPの一環として大いに活用してください。

計測結果を主に自律神経のバランスから疲労度合いとして判断します。精神的、肉体的なストレスなどが原因でバランスに乱れがあったりすると疲労していると評価されます。

問診などがあり、総合的にどうなのかということも評価し、結果は時系列に記録されていきます。

もし、疲労チェッカーで注意がでたら以下のことに気をつけてみてください。

  1. 昼夜逆転など生活習慣を見直し改める(徹夜はやめる)
  2. ストレスにまけないような精神的に強い人になる(何度ふられても次を見つける)
  3. 音楽を聴いたり歌ったり、心身をリラックスさせることをする(カラオケに行く)
  4. 座りっぱなしの職場なら散歩などで適度な運動をする(サボってでも散歩する)
  5. 横になって伸びでもして心身をリラックスさせる(猫を見習う)
  6. 考えなくてよい漫画などを読んでみる(できれば笑えるやつ)
  7. よくイライラするようならカルシウムを積極的にとる(毎日骨太を飲む)
  8. 有休があるなら意識して休息、休養する(ローカル線の旅をする)
  9. 精神的なストレスを抱え込まない。自分ひとりで悩まない(人に頼る)
  10. 気持ちをひとやすみ。リラックスした生活を心がける(つっこみをやめてボケに徹する)

ASPの新サービス開始の予定

見積書の作成から請求書の印刷まで、
業務にご利用いただけるアプリケーションをサービスします。
見積書や請求書といったものはエクセルよりもACCESSなどのデータベース系の方がより便利に使えるものです。
たとえばお客様や、案件名による検索機能などはデータベース系のアプリケーションの方が有効です。ところがエクセルでやるとわかり易いが面倒なことも多いのです。つい上書きして保存してしまって前の書類を消去したり、シートがとても多くなったりします。
本サービスは初期設定で、ロゴ、住所、社名などをアップロードするとお見積書にセットして使用できるようになります。
申し込んでいただければ、企業ID、利用者ID、利用者パスワードを発行します。
営業員の数だけ利用者登録をしてください。
まずはベーシックサービスでご利用ください。
そのご、それをベースにカスタマイズリクエストをご用命ください。
カスタマイズされた御社の見積書作成システムが稼働できます。

センサ/IoT技術展2017に行きました。

同時併催のアマゾンセミナーがあったのですが、amazon web serviceで近未来な提案が効けるかと思いきや、応募者が多すぎで第2会場の同時中継を立ち見ということになった。
しかし、残念ながら音声が入らずパワーポイントの画像のみのセミナーとなってしまいました。
途中で打ち切られてそのまま技術展の方に流れたのか、とにかく大勢の人でゆっくりと見るような状況ではありませんでした。
やはり、今はセンサー技術がIoTの牽引役になっていることが間違いないと思い知らされた展示会でした。
ガス検知、拍動検知、温度センサー、風センサー、どれもこれも小型化、高感度化が進んでいる。何に応用すべきなのか、そこがカギになることは間違いないが、困ったときはセンサー屋さんに相談してみることも重要かもしれません。

【AWSについて、その時に流れていたPPTの画像をダウンロード】
そこにはアマゾンがやろうとしているIOTのソリューションが書かれており、大変参考になると思われます。発表している限りすでにやろうとではなく実証実験程度はやっているのではないでしょうか?
分野は、製造、交通、エネルギー、小売り、家電、ヘルスケア、農業にわたっている。たしかにこれらにはIoTを用いてどんなことができるのかということもワードではあるが書かれている。たとえば製造ではメンテナンス、異常検知、モニタリングとなっている。これらはすべて展示会における出展者側にもその提案がありました。
つまり、全てのセンサーと処理がクラウドによって監視コントロールされてしまうということではないでしょうか? いや、全てということばが間違いです。
管理でくる体制を整えることができますよ。というのがAWSの主張なのでしょう。

御社の中のシステム部門

システム開発部門はあれば便利がいいが常設するほどじゃない。
コストセンターだし、それ単独で利益を生むことがない。

でも、あれば便利。
この部門はあればとても重宝するものです。
でも常備するほどでもない。
もしあれば、こんなことを彼らに聞いてみたいと思ったことありませんか?

1、「パソコンは使ってるけどとても面倒。もっといい方法ないの?」
もしあれば、ほんの少し手間を加えるだけで、ぐんと効率のあがるものがあります。マクロでやったり。ExcelよりAccessの方が圧倒的に効率がいい場合があります。

2、「ここにスマホ使ったらもっと作業が楽になるんじゃないの?考えてみてよ」
もしあれば、実はパソコン自体を社内向けのWEBサーバーにできる。そうするとスマホがもっと業務に活用できたりします。

3、「今のシステムを少し変更したいけどどのくらいかかると思う?簡単にできないの?」
もしあれば、開発という言葉を使うのもおこがましいくらいに小さな改善を頼めたりします。

4、「スマホの活用のことで今朝テレビで見たけど、うちでもできる?」
もしあれば、ちょっとした、話題の評価や自社への適用などについて話ができたりします。

ほかにも、もしあれば、
開発会社にも専門分野があるので最適な開発会社を選択してもらえる。
日頃に課題を知っておいてくれるので、いざという時に説明が楽。
目的、目標を共有しているので、行動が的確。
などということになります。

一家に一台、そんな便利なものになるわけです。
そんなものがあれば御社にとって都合のいいものになりませんか?

弊社にとってもそんな埋もれた課題を発見できるというのは商品開発のヒントになります。うまくいけば製品開発の時には業務提携をさせていただけることも可能になるわけです。

お互いのWINに向けて、御社のシステム開発部としてご利用ください。

商品化のソフトウェア部分を支援致します。

商品開発でITの開発ノウハウで困ったことがありませんか?

新しい製品を作るのに際しこんな問題がありませんか?

1) いつも頼んでいる開発会社さんとは少しノウハウが違うような気がする。

 システム開発会社も非常に専門分化されていることが多く、できない場合がある。

2)自社でこの部分を開発するにはノウハウの取得に時間がかかりすぎる。

 ITのノウハウは商品開発されている企業さまの専門外になることが多いのです。入出庫用のハンディターミナルをスマホに変えてしまいたい。といった場合。

3)非常にコストがかかる。

 これは最大の課題です。うまく見つかったとしても見積もりを見て試作品をあきらめざるを得ない。 システム開発費は高いというのが相場です。これは試作品であれ、完成品であれプログラムは同じであり、全コストがそこに集中するからです。

そこで提案です。
これらの障壁をある程度ですが、取り除き商品開発をやりやすくする方法を提案します。
それはレベニューシェアという方法です。
弊社が提案するのは、共同開発です。売れそうな商品でかつ販路をお持ちであれば、是非ご検討ください。
開発費用はレベニューシェアの中から償却していきます。これはとても重要なことです。つまり弊社にもリスクがあるからいい加減でやめられない。ということの決意表明でもあるのです。

オムニオーダー

”カタログの商品が欲しい!”という気持ちを逃さない。
デジタルカタログではなく、印刷物から直接オーダできるようにしたい。
スマホの存在で、よりこのニーズが高まっているのではないでしょうか?
この課題を解決するための方法はすでに、いろいろ考えら製品化されているものもあります。
1、AR技術を応用し商品またはページ画像を認識しページまたは商品を特定する。
2、商品にマイクロバーコードを印刷する。
3、カタログやチラシなど印刷物のQRコードから直接ECサイトに誘導する。

提案

提案弊社が提案する方法は3の方法をQRコードの代わりに、NFCタグを使用しステップを短くしました。NFCタグの良さはかざすだけで済むので、手早く注文に結びつけられます。本来なら注文用紙やはがきファックスを準備して書き込むところを短縮できます。
スマホには注文書を表示させます。